整理室からこんにちは(蝉田遺跡)

今回は蝉田遺跡の整理室からこんにちはです。
蝉田遺跡は村山市にある奈良・平安時代の遺跡で、9世紀後半から10世紀初頭の土師器や須恵器、そして木製品などが出土しています。

semita1
3月の報告書刊行に向けて、整理室では作業が大詰めをむかえ、一番大きな須恵器の大甕の実測を行っています。

semita2
様々な出土品の中から、文字の書かれた土器を紹介します。
たくさんの墨書土器が出土しましたが、中でも最も多いのは「定」という文字です。約30点以上確認できました。
当時の人の筆遣いがはっきりと残っています。

semita3
墨で書いた墨書土器だけでなく、土器に文字を刻んだ刻書土器もあります。
これは小型の壺の側面に「佛(ほとけ)」という字が書かれています。
遺跡の役割を考える上で重要な遺物となりそうです。


山形城三の丸跡第19次(8月15日~8月19日)

sannomaru19-20160815-01
11区の石組を掘りあげて綺麗にしました。

sannomaru19-20160815-02
4×5inの大判カメラで撮影しました。

sannomaru19-20160815-03
現状では石組は二段残っていますが、この上に最低もう一段積み上がっていた痕跡があります。
写真の手前方向が一昨年調査した三の丸の堀跡ですが、石組は堀に直接繋がっておらず、段状になっているようなので、次週拡張して確認します。


山形城三の丸跡第18次(8月15日~8月19日)

sannomaru18_20160817_1
平面図を作成し、完掘した遺構の標高を記録します。
遺構が重なりあっているのでより新しい遺構から掘り下げ・記録を行い、終えた所から古い遺構を調査します。

sannomaru18_20160817_2
調査区を南北に通る溝を記録用のベルトを残して掘り下げています。
遺構に堆積した土と地山の砂の間に、酸化鉄の厚い層ができていました。


馳上遺跡第8次(8月15日~8月19日)

hasegami8_20160815_01
1区北側の川跡から木製の鍬が出土しました。
一部欠けてはいますが、全体の形がわかる資料です。

hasegami8_20160815_02
同じ川跡から長頸瓶が出土しました。
近辺で同じ個体と思われる破片も出土しており、接合が楽しみです。

hasegami8_20160815_03
1区の竪穴住居の柱穴から、柱が原型を留めた状態で出土しました。
床面から1mほどの深さまで打ち込まれていました。


山形城三の丸跡第19次(8月8日~8月12日)

sannomaru19-20160808-01.JPG
11区の防空壕跡を掘り下げました。
L字状になっています。手前が入り口です。

sannomaru19-20160808-02.JPG
11区の南壁の西端です。
調査区の三方には元の地権者さんのお父様が積んだ土地境界の石組があり、南側の石組の下から古い大きな石組が見つかりました

sannomaru19-20160808-03.JPG
丸い大きな川原石を並べ、角を打ち欠いて上に石がしっかり載るように加工されています。
この石組の向こう側(写真上方向)は三の丸の堀です。
いつの時代のものなのか、今後慎重に調査を進めます。


八幡西遺跡(8月8日~8月12日)

yawatanisi_20160808_1
8×4間の母屋に、三面ないし四面廂が付く大型の掘立柱建物跡です。
内部は間仕切柱があり、6つの部屋で構成されています。

yawatanisi_20160808_2
大型建物跡の背面に隣接する2×2間の建物跡です(写真手前)。

yawatanisi_20160808_3
建物跡の写真撮影中、太陽の周りに虹色の輪が現れました。
「ハロ」と呼ばれる光学現象だそうです。


Yamagata Prefectural Center for Archaeological Research